ブログトップ | ログイン

花の窓

花の窓から小さなお便り。


by Hananomadoyume
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブルー

ブルー_a0395626_23060816.jpeg



前日に届いたクロスのブルー。
優しい色にラピスラズリのイメージが重なって。
昨日は朝からこのクロスとともにあるロザリオのことで頭がいっぱいでした。





ブルー_a0395626_23061315.jpeg



ロザリオを構成する球は59個。
ピンを用意して、さあ始めましょう。





ブルー_a0395626_23061861.jpeg



センターメダイも決まりました。
ピンを通して繋いでゆく時間は無心になれる時間です。






ブルー_a0395626_23070566.jpeg



キッチンのダリアはとても凛として。





ブルー_a0395626_23071440.jpeg


ブランチは野菜たっぷりの餃子スープ。
大好物。





ブルー_a0395626_23072764.jpeg




青空の美しい1日でした。
御成小学校の門は相変わらず厳しくて。





ブルー_a0395626_23073285.jpeg



植え込みの水仙はとても元気。






ブルー_a0395626_23072050.jpeg



図書館への道の水仙は少し控えめで。





ブルー_a0395626_23072424.jpeg




日向ぼっこのこちらは元気そう。





ブルー_a0395626_23073517.jpeg



青い青い空!





ブルー_a0395626_23074293.jpeg



帰宅後、向き合ったのはバイカラーのフローライト。
風景を内包する石。
まるで夕暮れの海。





ブルー_a0395626_23080035.jpeg



ワイヤーで包んでペンダントトップにいたしました。
どんな旅をするのかしら。






ブルー_a0395626_23450327.jpeg




朝のロザリオはこんな仕上がりになりました。
本日Mistletoeにアップいたします。
ご覧いただけましたら幸いです。







ブルー_a0395626_23080623.jpeg



夜開いたのは海の写真集。





ブルー_a0395626_23080994.jpeg



今年は海の家はあるかしら?
夏の花火大会は中止が決定されました。
寂しいですね。




ブルー_a0395626_23081302.jpeg



せめて本のなかの海をしっかりと抱きしめたく思いました。




ブルー_a0395626_23081610.jpeg



お客様からのメールで綺麗な半月のお知らせ。
急いで庭へ。
本当に冴え冴えと美しいお月様でした。
感謝。






ブルー_a0395626_23082463.jpeg





一度だけ本当の恋がありまして
南天の実が知っております

山崎方代

ずっと以前に書家の友人が書いてくれた山崎方代さんの短歌です。
しみじみと好きな歌。
そして、大好きな文字。
鎌倉は方代さんの暮らした街。
もっとゆかりの場所を訪ねてみたいです。
鎌倉文学館にも自筆の掛け軸などが収められていますね。
早く笑顔でお散歩ができるようになりますように。

やわらかき光のもとに広げれば
いにしえの時  水茎香る

瑠璃

























Commented at 2021-01-21 06:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Hananomado at 2021-01-21 07:36
鍵コメ様

おはようございます。
嬉しいコメントをありがとうございました。
「常世の光今は待ちつつ」とでも。
海のそばに住んでいると、海の呼吸に抱かれている気がいたします。
そこに人々がまた笑顔で集う日を待ちながら。
どうぞ良い1日をお過ごしくださいませ。
Commented at 2021-01-22 06:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Hananomado at 2021-01-22 09:07
鍵コメ様
おはようございます。
嬉しいお歌をありがとうございました。
たいへん嬉しく存じました。

鎌倉は母が愛した街でした。
はるか50年くらい前に隣町の藤沢に家族で2年暮らしたことがあり、
その折に母は江ノ電で鎌倉に通ってはお寺におまいりし、様々に恵まれた出会いをいただきました。
今思えぼとても贅沢なことですが、永井路子さんの歴史講座でもとても可愛がっていただいていたようです。
この街に住むようになったのは多くの偶然の贈り物。
母の導きがあったのだと母を知る友人は申します。
そうであれば、その時間を大切にと思っております。
天気予報についてのお母さまのお言葉、お優しいですね。
そんな思いが今は一番大切に思われます。
「寂しそう」と気づいてあげられる思いが。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


by hananomadoyume | 2021-01-21 00:30 | 日々のこと | Comments(4)